So-net無料ブログ作成
皆既日食 ブログトップ

金環日食 観れた。 [皆既日食]

5月21日 7時30分ごろ金環日食を観ることが出来ました。
曇ってたのですが雲の切れ間に金環日食のリングを観ました。。
もう神秘的で言葉がでなかった。。
写真に撮るのに集中しすぎて、周りを見る余裕がなかった、
皆既日食みたいには暗くはならないが、少し暗くなってましたね。
天文ショーに感動でした。


061.jpg

厚めのリング
045.jpg


欠け始め 日食フィルターで撮影
023.jpg


日食前の海
009.jpg

金環日食中 暗いでしょう。
063.jpg

今度の金環日食も見るぞ!!29年後だったかな?

奄美大島  [皆既日食]

22日の夜は雷雨が凄かったんです。
テントで寝てたんですが、警報が出たとかでツアーの人が体育館に避難するよう
車でテントの側まで迎えに来てくれました。深夜の二時ごろの出来事。。
体育館にマットを敷いて寝ることになったの、テレビで観る避難者になった気分でした。
これもまた貴重な体験かも。。
最終日 島の観光をして奄美大島を後にしました。
熱帯気候で住みやすい所だと感じました。ガイドさんの話によると100歳以上の人が
130人ぐらいいるそうで、人口に占める割合が沖縄をぬいて、日本一だそうです。
IMGP2854.JPG
大島紬の泥染め
IMGP2861.JPG

IMGP2915.JPG
マングローブの森 カヤックで川を下りました。 干潮だったので水かさが低い
IMGP2923.JPG
IMGP2910.JPG
IMGP2914.JPG
マングローブの森の木の種 長細いの
IMGP2929.JPG
半潜水艇グラスボード
IMGP2958.JPG
IMGP2964.JPG
パッションフルーツ 甘酸っぱいの


島で見つけた花達
IMGP2790.JPGIMGP2791.JPGIMGP2792.JPGIMGP2793.JPGIMGP2801.JPGIMGP2856.JPGIMGP2797.JPG





IMGP2966.JPG
帰りのフェリー
IMGP2985.JPG

皆既日食 IN 奄美大島(3) [皆既日食]

皆既日食の当日
朝は日差しが強くこのまま天気がもちますようにと願ったのですが、
雲が段々多くなって欠け始めた時は、直視で太陽が見れるほどで
皆既に近づいた頃には雲の中でした。
辺りが暗くなってきて、皆既に入ってるんだなと実感できました。
時間が経つのが早くてあまり詳しい状態を覚えていないんですよ。
数分の出来事でまた元の明るさに戻ってきました。
普段の生活で体験できない貴重な体験をしたのに感動してます。
ダイヤモンドリングとかコロナとか見えなかったけど、神秘的な不思議な経験をしたことを
人生の中で忘れあい出来事になるでしょう。
今度は晴れた皆既日食を見たいものです。
IMGP2825.JPG
欠け始めた頃の太陽

IMGP2834.JPG
皆既日食中の周りの景色

IMGP2838.JPG
第3接触ぐらい

IMGP2840.JPG
日食が終わりにかかった頃、もう荷造りして帰る風景

奄美大島 二日目 [皆既日食]

奄美大島に朝早くに着いて、バスでテントサイト場に移動しました。
場所は龍郷町の運動場、この日(皆既日食の前日)は自由行動
すごく天気もよく、青い海を求めて、倉崎海岸にスノーケリングに行きました。
今まで見たことが無い、綺麗なサンゴ礁が続いていて、熱帯魚を沢山 観ることができました。
とっても満足な一日でしたが、日焼け止めを塗ったにかかわらず、背中が真っ赤に
焼けて数日間痛くて痛くて泣いていました。
IMGP2821.JPG

IMGP2806.JPG

IMGP2803.JPG

IMGP2811.JPG
皆既日食の前夜祭があって、和歌山大学の尾久度 教授の皆既日食を楽しむ講義
とっても分かりやすく楽しかったな。。



皆既日食 IN 奄美大島 [皆既日食]

20日から25日の旅程で奄美大島 皆既日食ツアーに行って来ました。
初めて観る皆既日食、どんな体感できるのか、胸騒ぎがおさまりません。
奄美の自然もきっと綺麗なんだろう。。
そんな思いを胸に 伊丹空港から熊本へ バスで鹿児島 鹿児島からフェリーで
奄美大島へ 初日の日程です。
IMGP2748.JPG

IMGP2758.JPG

IMGP2761.JPG
フリー
IMGP2764.JPG
桜島です。

IMGP2773.JPG
奄美の朝焼け



皆既日食 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。